Strings@RAG
弦楽器をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
バイオリンの正しい片づけ方

バイオリンの正しい片付け方。日々のお手入れ・メンテナンスについて

前回はバイオリンの準備の仕方(弓の用意と肩当ての付け方)について書きましたので、今回はバイオリンの片付け方について書いていきます。

バイオリンは繊細な楽器ですので、必ず練習が終わった後にはきちんとキレイに楽器の汚れをふき取りましょう。

じゃないと、弦や弓の毛の消耗が早くなってきたり、音が濁ってきてしまいますよ!

バイオリンを拭く用の柔らかい布を用意しよう!

バイオリンのお片づけを始める前には、まずバイオリンを拭く用の柔らかくて、きめが細かくて、清潔な布を用意しておきましょう。

ちなみに、私は100均で買えるようなガーゼハンカチを愛用しています。

このようなものです↓
ガーゼ100均のガーゼハンカチなら安いし、ダメになったらすぐに買い替えられるので重宝しています。

弓の片づけ方・その1|弓の毛をゆるめよう!

バイオリンの弓はこれです↓

バイオリンの弓 弓は弾く時に弓元のネジを回して毛を張るんですが、
バイオリンの弓毛を張ったまま保管し続けると毛がどんどん伸びてきてしまって、ネジを回しても回してしっかり毛を張ることができなくなってしまいます。

つまり、毛の消耗が早くなる→音が出にくくなる→そして、毛の張替えをしなくてはいけなくなる、ということです。

ちなみに、毛の張替えは自分ではできません。

弦楽器専門の職人さんがいるお店に持って行ってやってもらいましょう。

お値段はお店によりますが、だいたい6,000円くらいからです。

ということで、毛の消耗が早くなる=弦楽器専門店に行って交換してもらわなくてはいけないので、多少面倒くさくても、弓の毛は練習が終わるたびにきちんとゆるめて長持ちするようにしておきましょう!

ちなみにどれくらいゆるめればいいのかと言いますと、弓の真ん中部分で毛と棒が触れ合うくらいでいいです。

こんな感じです↓
バイオリンの弓

ときどき、弓の毛が伸びきってネジを外れそうなほどゆるめる人がいますが、
バイオリンの弓あんまりネジをゆるめすぎると、ネジが弓本体から外れてしまいますよ。

そして、ネジが弓本体から外れると、毛も弓本体から外れる仕組みになってますからね。

勢い余ってネジをゆるめすぎないように、どうぞお気を付けください。

おすすめの記事あわせて読みたい